ホソノ靴店 スタッフブログ

hosonoblog.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 10日

日々雑感

古来靴づくりはすべての工程を手作業で進めていました。

やがて技術の発達でその多くが機械化され今や大量生産大量消費の世界になっている靴業界。
高級靴の多くには革が採用されているなかで、同時に作業の多くが機械化されていることに、一抹の不安を感じています。
人間にも体系や肌質に差があるように、革というものは一枚一枚質感や伸び具合はすこしずつ異なり同じものは一つとしてありません。そしてその微妙な違いを、機械にはそれは判別できないのです。
それを機械的に裁断し、靴の形にしていっても、果たして本当にいいものが出来上がるのでしょうか。

細野のパンプスは人間の目と手を使って革を切り出し、縫い合わせ、靴の形にしていきます。
直に革に触りながら、伸びの方向や血管の筋、様々な革の特性を考慮しながら、作り上げていきます。
そこには数多くの職人の熟練の技が必要とされます。

1969年から始まり、もうすぐ50周年を迎える細野靴店。オーダーメイドから始まり、一足の靴に真摯に向き合うことで積み重ねられた職人の技術が、一足一足に込められています。


是非一度お試しください。店員一同お待ちしております。



----------------------------------------------------------------------------

ホソノ靴店は、東京・青山で既製品とオーダーメイドを取り扱う、手作り靴のお店です。
ホソノでは外反母趾や足幅の細い方にも合わせてフィッティングを行います。
お足の計測やご相談だけでも承りますので、お気軽にご来店ください。

access: 〒107ー0062 東京都港区南青山5-1-2 青山エリービル 2F
( 東京メトロ・表参道駅のA4出口を出てすぐ目の前の赤いレンガのビル )

TEL : 03-3409-9425

e-mail : info@hosono.co.jp


[PR]

by calzeria_hosono | 2016-04-10 18:28 | 靴のコラム


<< 新作ギリーシューズ      カッターサンダル >>