ホソノ靴店 スタッフブログ

hosonoblog.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 17日

フィッティングのさらなる追求 「調整」

先日の日々雑感で靴の「型」と「長さ」と「幅」について書かせていただきました。人の足は「長さ」という物差し一つでは、括ることができず、足に合った「型」や「幅」という物差しも使っていかなければならない、という内容でしたがホソノはここからさらにフィッティングの追求をします。実際に履いてみると
「全体的にはフィットしているけれど、小指だけ当たる」であるとか
「踵が少し緩いけれど、一つ下のサイズでは爪先がきつくなってしまう」ということが起こります。

こういったケースには「調整」が有効です。
指が当たるのであれば、その部分の革をわずかに伸ばしたり
緩い靴に対しては、薄い詰め物をしてフィットさせることなどが可能です。

この調整は1mm以下の非常に繊細なレベルで行われ、またその方法も多岐にわたります。画一的な手法があるわけではなく、スタッフの経験によって培われた観察力と技術が頼りです。

ホソノが積み重ねてきた技術の結晶を、ぜひ一度体験してみてください。

----------------------------------------------------------------------------

ホソノ靴店は、東京・青山で既製品とオーダーメイドを取り扱う、手作り靴のお店です。
ホソノでは外反母趾や足幅の細い方にも合わせてフィッティングを行います。
お足の計測やご相談だけでも承りますので、お気軽にご来店ください。

access: 〒107ー0062 東京都港区南青山5-1-2 青山エリービル 2F
( 東京メトロ・表参道駅のA4出口を出てすぐ目の前の赤いレンガのビル )

TEL : 03-3409-9425

e-mail : info@hosono.co.jp






-----------------------------------------------------------------------------
[PR]

by calzeria_hosono | 2016-09-17 21:00 | 靴のコラム


<< 新設!シューズケアコーナー      型・長さ・幅 >>