ホソノ靴店 スタッフブログ

hosonoblog.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 07日

シン・ゴジラ

突然ですが。


わたくし先日、巷で話題の「シン・ゴジラ」を新宿のバルト9で鑑賞してきました。

懐かしいものです、私も子供の頃はゴジラファンでした。

十年以上の時を経て再び地球を襲う怪獣に立ち向かうべく、臨戦態勢で最前列に陣取りました。
もうゴジラと肩を組むくらいの意気込みで。





.....まぁ肩を組むや否や、熱線で丸焦げにされましたけれど。




予想とは違いましたが、最高に面白かったので、誰かとこの話で盛り上がりたくてそわそわしてるのですが




ここは靴屋のブログなので、靴の話をします。




シン・ゴジラ批評の新たな切り口



「靴」について。




登場人物のほとんどは男性だったのですが、やはりみさなんラバー底の靴を履いてキリキリ歩いてましたね。
あんなにカッコいい俳優たちですから、足元もカッコよく・・・とかではなく、やはり実用性重視ということでしょう。

革底はカッコいいですしムレにくいという利点はありますが、滑りやすく耐久性やクッション性に劣る面があります。

特に官庁の中はオフィス用のマットが敷かれていましたから、革底ではあまりに滑ってしまいます。



竹之内豊が滑って転ぶところはあまり見たくない...。


そして、災害時になによりも大事なのは、耐久性!
ゴジラから逃げる時には全力疾走ですから当然、グリップ力クッション性!
総合的に、彼らの靴選びは大正解といえるでしょう。


靴というのはファッションアイテムでもありますが
足を守り歩行をサポートする「道具」という側面も非常に強いものです。
使い分けは大事です。

やはりデキる男たちは、お洒落のTPOも守っているものですね。


石原さとみはピンヒールを履いていましたが・・・




----------------------------------------------------------------------------

ホソノ靴店は、東京・青山で既製品とオーダーメイドを取り扱う、手作り靴のお店です。
ホソノでは外反母趾や足幅の細い方にも合わせてフィッティングを行います。
お足の計測やご相談だけでも承りますので、お気軽にご来店ください。

access: 〒107ー0062 東京都港区南青山5-1-2 青山エリービル 2F
( 東京メトロ・表参道駅のA4出口を出てすぐ目の前の赤いレンガのビル )

TEL : 03-3409-9425

e-mail : info@hosono.co.jp





-----------------------------------------------------------------------------


[PR]

by calzeria_hosono | 2016-10-07 20:12 | 日常


<< パターンオーダーについて      カラーオーダーについて。 >>