ホソノ靴店 スタッフブログ

hosonoblog.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 22日

Leather HOLIC

皆様こんにちは。

冬でも薄着が信条の、ホソノ靴店の富田です。



お買い物というものは、実に楽しいものですね。

冬が深まり年末年始が近づくと、何かとお財布の紐が緩むもので

買うつもりなんてなかったのに、思いもかけず素敵なものを見つけてしまう....。

そんな時期です。


早いところではもうクリスマスの用意が始まっています。
いくらなんでも早いんじゃないかと毎年思うのですが、それでいてなかなかあの雰囲気が好きだったりします。



さて

ホソノもお買い物をしました。



a0318197_19472021.jpg
a0318197_19472657.jpg





どーん!!


革屋さんから裏革が届きました!


ホソノの既製品の裏地に使われているベージュの革ですね。

ホソノのパンプスをお持ちの方にはおなじみといえるでしょう。

これはゴート、つまりヤギの革です。
裏地用の革なので、表に使われる革よりも少し柔らかく作られています。


ドサーっと買ってるように見えると思いますが、ゆうに年間1000足は靴を作るので、案外これでもすぐになくなってしまうのです。




いや、わたくしですね。

個人的な話なのですが。

この、革の梱包を解いて、革をブワーッと広げるのが大好きでして。

というか、そもそも革が大好きでして。

どのくらいかというと革の布団カバーとかあればそれで寝たいくらい。

で、梱包を解いて、革を広げると、匂いも漂ってきて、それもまたたまらなかったり。

そして、それを取り出しやすいように巻き直して収納するのですけど、
こういった作業の中でも革が触れるので、それもまた楽しくいもので
それがさらに良い革だと、実にしっとりとしていて、キメが細かく、触り心地がとても良くて
もう、ずっと巻き直していたい。
むしろ巻かれたい。





はい。


えー失礼いたしました。

どうか引かないでくださいまし。

おかげで革の特性はよく知っていますので、革にこだわりのある方は是非ご相談ください。

革を選ぶ際に一番重要なのは「それぞれの特性が、目的に適しているかどうか」です。


表面の美しさだけで、革の良し悪しは測れません。

それを話し出すとまた長くなるので、今日はこの辺で。


それでは。




----------------------------------------------------------------------------

ホソノ靴店は、東京・青山で既製品とオーダーメイドを取り扱う、手作り靴のお店です。
ホソノでは外反母趾や足幅の細い方にも合わせてフィッティングを行います。
お足の計測やご相談だけでも承りますので、お気軽にご来店ください。

access: 〒107ー0062 東京都港区南青山5-1-2 青山エリービル 2F
( 東京メトロ・表参道駅のA4出口を出てすぐ目の前の赤いレンガのビル )

営業時間:( 平日 11時~20時 / 日・祝 12時~19時)

TEL : 03-3409-9425

e-mail : info@hosono.co.jp

HP : http://www.hosono.co.jp/


-----------------------------------------------------------------------------
[PR]

by calzeria_hosono | 2016-11-22 20:00 | 日常


<< 雪男の濡れた革靴お手入れ講座。      ポケモンGO 表参道 ホソノでGO >>