ホソノ靴店 スタッフブログ

hosonoblog.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 25日

雪男の濡れた革靴お手入れ講座。

皆様こんばんは。

昨日の東京は観測史上初の11月の積雪だったそうで、本日もとても冷え込んでおります。


「イベントの日にアイツが来ると雨が降る。」なんて人を雨男・雨女といいますが






実はわたくし、雪男なんです。






雪男。




昨日も実は仕事の後に、十年来の友人と久方ぶりに会う約束をしていたんですが、まさかの雪

私の雪男ぶりを知る友人にさんざんからかわれました。


















さて。

革靴は一般的に雨には弱く、雪にはさらに弱いと言われています。




その通りです。

弱いです。



雪なんかは、特に氷で傷もついたりしますし、そこから水が染みる染みる

そんなときの対処法ですが。


①まずはタオルなどで優しく抑え表面の水分を取りましょう。
擦らずに、手で挟んで優しく抑えるようにしてください。

②風通しのいいところで陰干ししましょう。
湿り気の多いところに長い時間おいておくと、カビの原因になります。

③お手入れをします。
乾燥の後には油分が抜けてしまうので、クリームを塗ってあげてください。

新聞紙を詰めるのも水分を吸収させるには有効ですが、実は詰めっぱなしはよくないんです。
湿ったものを詰めたままにすると、却って乾燥を妨げてしまいます。
ある程度水気を吸わせたら、取り除くか新しいものに交換しましょう。



しかし、まれに雨ジミといって、靴底付近にシミが発生する場合があります。
靴底の仕上げの際に使われる仕上げ材が革に染みてしまう現象です。


そんなときには革靴のクリーニングをご利用ください。
特殊な洗剤を使って、革靴を丸洗いが可能です。

革の色や種類などによって落ち切らない場合もありますが、お気に入りの靴を諦めてしまうまえに、ぜひ一度ご相談ください。
もちろん水ジミ以外にも、汚れてしまった靴や、長らくお手入れをしていない靴なんかもとっても綺麗になります。

ぜひぜひご検討ください。

お待ちしております。



以下詳細

【クリーニング】お預かり期間7~10日
紳士靴-----------------\2500
紳士ブーツ------------\2700

婦人靴-----------------\2400
婦人ショートブーツ---\2600
婦人ロングブーツ-----\2800





----------------------------------------------------------------------------

ホソノ靴店は、東京・青山で既製品とオーダーメイドを取り扱う、手作り靴のお店です。
ホソノでは外反母趾や足幅の細い方にも合わせてフィッティングを行います。
お足の計測やご相談だけでも承りますので、お気軽にご来店ください。

access: 〒107ー0062 東京都港区南青山5-1-2 青山エリービル 2F
( 東京メトロ・表参道駅のA4出口を出てすぐ目の前の赤いレンガのビル )
営業時間:( 平日 11時~20時 / 日・祝 12時~19時)

TEL : 03-3409-9425

e-mail : info@hosono.co.jp



-----------------------------------------------------------------------------


[PR]

by calzeria_hosono | 2016-11-25 17:38 | 靴のコラム


<< 冬物割引 10%~30% 実施中!      Leather HOLIC >>