ホソノ靴店 スタッフブログ

hosonoblog.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 04日

新作ブーツ!第2弾!

皆さまこんばんは。

業務に使用しているメインのパソコンが壊れて、起動しなくなりTEN・YA-WAN・YAのホソノ靴店、わたくし営業部の富田です。
バックアップをとっていたので大事には至りませんでしたが、パソコンというのも案外油断ならないものです。

内部に埃が溜まっているのでは!と閃き、フタをあけてエア・コンプレッサーで吹き付けたら
すさまじい量の埃が噴出して大騒ぎでした。一人で。
そして直りませんでした(´・ω・`)



さて、今日は新製品のご案内です。
ミドル丈のブーツでは今までホソノではヒールの高めのものがほとんどだったのですが、今回はローヒールのご紹介。


a0318197_18263474.jpg




正面からみると、シンプルですが足首の後ろ側に紐がついており、フレキシブルに調整が可能です。
キメの細かい本革スエード特有の高級感と柔軟性が大きな特徴で、グリップのきいたウェッジソールが軽快な歩行をサポートします。

ぜひぜひお試し下さい!!


品番:No,4382
カラーバリエーション:ブラック ・ ネイビー
サイズ展開:22cm~24.5cm
幅:C
ヒール高さ:3㎝
金額:30000円(+税)



----------------------------------------------------------------------------

ホソノ靴店は、東京・青山で既製品とオーダーメイドを取り扱う、手作り靴のお店です。
ホソノでは外反母趾や足幅の細い方にも合わせてフィッティングを行います。
お足の計測やご相談だけでも承りますので、お気軽にご来店ください。

access: 〒107ー0062 東京都港区南青山5-1-2 青山エリービル 2F
( 東京メトロ・表参道駅のA4出口を出てすぐ目の前の赤いレンガのビル )

TEL : 03-3409-9425

e-mail : info@hosono.co.jp

HP : http://www.hosono.co.jp/


-----------------------------------------------------------------------------

[PR]

# by calzeria_hosono | 2016-11-04 18:27 | 既製品 | Comments(0)
2016年 11月 01日

ハロウィン・ハロウィン

はっぴーはろーうぃーーん

皆様こんにちは。

ハロウィンを満喫しなかった細野靴店 営業部の富田です。

子供のころには地域の小さなハロウィン・イベントに友達と参加したりもしていましたが、今となってはずいぶんと昔の話になってしまいました。

私が最後にハロウィンらしいことをしたのは、大学生のころ。

いわゆる就職活動というものをしてこなかった私は、就活の話題で盛り上がる友人たちをうらやましく思い
ハロウィンの日にスーツを着て「就活生のコスプレ」をしていったら、就活中の友人に蹴られたました

ハロウィン・イベントではルールやマナーを守ることが大事ですが、

空気を読むことも大事なようです。









さて

今までのブログの記事で何度か

足の「幅」についてとりあげていますが。

今回はもう少し詳しくお話ししようと思います。



ホソノに初めてご来店頂いたお客様には、スタッフがまずお足の「長さ」と「幅」を計測いたします。

「長さ」は踵から指先までの長さ。

「幅」は、親指と小指の付け根をぐるりと一周する足囲の長さ、これをボールガースと呼びます。

ここが緩すぎれば足が前に滑っていき爪先だけで足を支えることになりますし、きつ過ぎれば同じように指先に過剰な圧が掛かります。
そうなると巻き爪やハンマートゥ、外反母趾や内反小趾など、様々な弊害をもたらします。

ボールガースで足をしっかり支え、爪先への負荷を減らすのが理想のパンプスの履き心地です。



ところが普通の靴屋さんでは幅ごとのサイズ展開をしているところはほとんどありません。

外反母趾という言葉が普及した現在は「足幅が広い」という考え方は知られるようになりましたが、「足幅の細い人がいる」という事実はあまり知られていないようです。
ホソノで足を計測して「自分の足が細いことを初めて知った!」なんて方も多いくらいです。

そもそも、外反母趾になった原因には
自分の足が細いことを知らず、幅の緩い靴や、長さの短すぎる靴を履き続けてしまったから、というケースは多いのですが....。




なにはともあれ

まずは、自分の足がどんな足か、知ることから始めましょう。


計測やご相談はいつでも無料で承っております。

興味のある方はぜひ、お気軽にホソノまでご来店ください。


おまちしております。






----------------------------------------------------------------------------

ホソノ靴店は、東京・青山で既製品とオーダーメイドを取り扱う、手作り靴のお店です。
ホソノでは外反母趾や足幅の細い方にも合わせてフィッティングを行います。
お足の計測やご相談だけでも承りますので、お気軽にご来店ください。

access: 〒107ー0062 東京都港区南青山5-1-2 青山エリービル 2F
( 東京メトロ・表参道駅のA4出口を出てすぐ目の前の赤いレンガのビル )

TEL : 03-3409-9425

e-mail : info@hosono.co.jp



-----------------------------------------------------------------------------


[PR]

# by calzeria_hosono | 2016-11-01 20:00 | 靴のコラム | Comments(0)
2016年 10月 28日

ポンプす。

a0318197_17473633.jpg

皆様こんにちは
今日は雨降り、あいにくのお天気ですね。

ところで、あいにくって何でしょうね。「あいにくのお天気」「ごあいにく様」なんて言ったりします。
日常、何の気なしに使いますので意味が分かっているようで、どういう意味かと聞かれると説明がしづらい。

そんな、なんとなくわかっているつもりで、わかっていない事というのはあるものです。



わたくしも先日ふと思いつきました。

「パンプスてなんぞや」と。



パンプス英語で書くと「Pumps」

複数形のsを取ると「Pump(ポンプ)」これはいわゆる、水を吸い上げたりするポンプです。ポンプ車とかの。

今まで軽く10000回くらいは「パンプス」と言ってますが、これが一体どういうことなのか、全く知りませんでした。




で、調べました。色々。

それによると

元々パンプスのもとになった靴は、近代のイギリスで馬車を操る御者が履いていたもので
馬車のブレーキペダルを何度かに分けて(ポンプを踏むように)ゆっくりと踏み込んでいったことに由来するようです。
御者は歩くことはあまりありませんから、屈曲しやすく、また通気性の良い、甲の大きく開いたデザインが好まれた、という事でしょうか。
今となってはパンプスといえば女性向けの靴を指すことがほとんどですが、その始まりは男性の職業用の靴が始まりだったというのは意外ですね。


今でも紳士用にオペラパンプスなんてものがあったりしますが、この辺の話題はまたの機会にいたしましょう。


それでは、今回はこの辺で。




----------------------------------------------------------------------------

ホソノ靴店は、東京・青山で既製品とオーダーメイドを取り扱う、手作り靴のお店です。
ホソノでは外反母趾や足幅の細い方にも合わせてフィッティングを行います。
お足の計測やご相談だけでも承りますので、お気軽にご来店ください。

access: 〒107ー0062 東京都港区南青山5-1-2 青山エリービル 2F
( 東京メトロ・表参道駅のA4出口を出てすぐ目の前の赤いレンガのビル )

TEL : 03-3409-9425

e-mail : info@hosono.co.jp


-----------------------------------------------------------------------------


[PR]

# by calzeria_hosono | 2016-10-28 17:59 | 日常 | Comments(0)
2016年 10月 25日

細野、インスタはじめるってよ。


a0318197_16025648.jpg

みなさまこんにちは。
だんだんと日の沈むのが早くなり、朝晩は冷え込むようになってきました。

気温が下がるにつれて、布団は魔力を強めていくもので
「春眠暁を覚えず」と言いますが、私の場合は寒い時期はだいたい布団の魔法にかかているので「夏以外は暁を覚えず」
遮光カーテンはさながら、腕を広げたダンブルドア
「あと5分」の誘惑との戦いは、さながら魔法の指輪の誘惑と戦うホビット族

毎朝が戦いです。
だいたい負けている気がしますが。



さて

冒頭にもありましたが

ホソノ靴店のインスタグラムのアカウントができました!!

ブログでは定期的に情報を発信していきますが、インスタグラムはこまめに靴の画像を上げる予定です。
新しいオーダーデザインやサンプルはもちろん、お客様の注文靴の画像もご了承を得たうえで掲載せていただきたいと思っております。
皆様のオーダーの際のご参考にもなるかと思います。たくさんのフォローやいいね!をお待ちしております。


----------------------------------------------------------------------------

ホソノ靴店は、東京・青山で既製品とオーダーメイドを取り扱う、手作り靴のお店です。
ホソノでは外反母趾や足幅の細い方にも合わせてフィッティングを行います。
お足の計測やご相談だけでも承りますので、お気軽にご来店ください。

access: 〒107ー0062 東京都港区南青山5-1-2 青山エリービル 2F
( 東京メトロ・表参道駅のA4出口を出てすぐ目の前の赤いレンガのビル )

TEL : 03-3409-9425

e-mail : info@hosono.co.jp



-----------------------------------------------------------------------------


[PR]

# by calzeria_hosono | 2016-10-25 17:00 | オーダー靴 | Comments(0)
2016年 10月 18日

パイナッポー 海外ピーポー アッポーペン

厚かったり寒かったり、なんとも不安定な気候が続いております。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

ホソノはといえば、相変わらずの毎日。
最近は海外のお客様も多かったりで、ありがたいことです。

しかし、日本で始まり日本で販売を続けているホソノですので、スタッフのほとんどはイングリッシュスピークできません。

かつては、海外のピーポーカムするとハートビートスピーディで冷汗がスプラッシュマウンテンだったのですが
案外、身振り手振りと表情を混ぜていけばコミュニケーションが取れるもので、今となっては定期的にご来店頂く方もいらっしゃいます。

ペンとかアッポーとかパイナッポーで通じるくらいですから、完璧に話そうと思わなければ、何とかなるものです。大切なのは勉強はなく伝えようという想いです。(バァーン



オリンピックを控えた首都東京、これからは海外からの観光客の方々も増えることでしょう。
むしろそういう人たちにも、履き心地にこだわったMade in JAPANのホソノの靴を履いてみていただきたいものです。

世界にはばたけ、ホソノ靴店。

ホソノ・ビー・アンビシャス




英会話ハンドブックくらいは用意しておこうかな.....







----------------------------------------------------------------------------

ホソノ靴店は、東京・青山で既製品とオーダーメイドを取り扱う、手作り靴のお店です。
ホソノでは外反母趾や足幅の細い方にも合わせてフィッティングを行います。
お足の計測やご相談だけでも承りますので、お気軽にご来店ください。

access: 〒107ー0062 東京都港区南青山5-1-2 青山エリービル 2F
( 東京メトロ・表参道駅のA4出口を出てすぐ目の前の赤いレンガのビル )

TEL : 03-3409-9425

e-mail : info@hosono.co.jp

HP : http://www.hosono.co.jp/


-----------------------------------------------------------------------------


[PR]

# by calzeria_hosono | 2016-10-18 17:00 | 日常 | Comments(0)